IMG_0035 優良たい肥作り

IMG_0080 土作り

IMG_0073 栽培管理

397

資材(肥料/活性剤)の仕様によって、作物の品質(糖度/日持ち)や収穫量(ロス)が、断然違ってくる。

手間はかかるが、天候不順によるトラブルが少なく、作物の品質評価が上がり、増収穫に増収益となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です