熟成発酵 アミノ酸 酵素液 リズム3

農法:ジオバンクメソッド

植物 活力 活性 とは
植物の活力を活性するリズム3は、熟成発酵したアミノ酸の
葉面散布の活性剤です。肥料とは区別された特殊肥料です。

家庭園芸用の肥料も含めて、チッソ・リン酸・カリがそれぞ
れ0.1%以上、あるいは2成分以上の合計量が0.2%以上含む
ものとされています。これを満たさないものは肥料としては
認めらていません。

特殊肥料とは、チッソ・リン酸・カリの三要素のいずれかが
0.1%以上、肥料の原料/製造工程が規定を満たしたもの、三
要素以外で植物の生育を活性化する触媒(酵素の働き)をし
たものなどの総称です。

リズム3の一番の魅力は、窒素の有効活用ができることとです。
生育ステージ毎で微量要素を混用して、栄養成長と生殖成長を
コントロールができることです。

微量要素は、植物に欠かせない重要な成分ですが、必要量はき
わめてわずかで、過剰に与えると弊害もあります。このような
扱いの難しい成分を、あらゆる植物に、一年中どの時期にも与
えられるように、適量に配合してください。

こんな時に、使いましょう

■ 多(増)収穫栽培
■ 成り疲れを防止したい
■ 軟弱体質を改善
■ 花芽分化を誘導/促進
■ 体力を回復/改善/増強
■ 光合成(同化作用)促進
■ 耐病性を強化
■ 高たんぱく質の高品質に
■ 耐寒性を強化
■ 窒素(N)コントロール

単肥(N/P/K/Ca/Ma)と組み合わせて使いましょう

植物の生育ステージが旺盛に尚且つ健全育成なるように、
葉・茎・根・花・実の発達のための、多量のチッソ・リン酸・カリ
をリズム3で有効活用しましょう。活力剤リズム3のみでは、必要
量はまかなえないので、微量要素と組み合わせて使ってください。

植物が休眠する時期や弱ってしまった時期など、肥料を与えられない
時期に活力剤リズム3の葉面散布を有効活用しましょう。

軟弱体質の時期
単 肥(P/K/Ca) + 活 力 剤(リズム3) を併用。

生育が緩慢なとき休眠(打破)期
活動が弱っているとき、リズム3が活躍します 。

花芽誘導/分化促進
単 肥(P/K/Ca) + 活 力 剤(リズム3) を併用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です